支援サポート

最も身近な相談相手として、常にお客様に寄り添います。

居宅介護支援事業所とケアマネジャー

☆居宅介護支援事業所とは
介護保険についての相談窓口です。介護について相談したい方や、介護保険を受けたい方のお話を、介護支援専門員(ケアマネジャー)がお聞きし、説明や、申請の代行をいたします。
また、要介護認定を受けたご本人様と、そのご家族様のご依頼や、ご要望をお聞きし、介護保険のサービスのご提案、ご紹介などを行います。ご本人様やご家族様がご自宅で、『より安心で快適な毎日を送っていただく』お手伝いをいたします。介護に関してお困りの方は、まずお気軽にご相談下さい。
☆介護支援専門員(ケアマネジャー)とは
介護保険の仕組みは複雑なため、担当のケアマネジャーに、介護についての手続きや、調整を依頼することができます。
介護を必要とする方の状況や、ご本人様、ご家族様にとって、何が必要か?どんなことに困っているのか?を理解し、計画を立て、必要なサービスを受けられるように、サービス事業者へご紹介をし、サービス利用開始までの、一連の準備をします。その後も定期的に訪問させて頂き、長いお付き合いをさせて頂くことになります。

支援サポートの役割

  • 効果的なサービス提供
  • 悩みや不安の解消
  • 事務負担の軽減

支援サポート主な業務内容

・介護に関する相談事の受付
・要介護の認定などの申請手続きのお手伝い(申請代行)
・介護保険を利用する為の手続き(居宅サービス計画の作成、見直し、評価)
・必要なサービスの紹介や、手続きのお手伝い(介護サービス提供事業所との連絡調整)
・介護保険の利用料の説明や、管理(介護保険費の給付管理)
・介護保険施設が必要になった場合の施設の紹介
・介護保険に関する質問や苦情の受付
など

介護保険利用までの簡単な流れ

①相談
まずはロングライフ支援サポートまでご連絡ください。ケアマネジャーが、お話を伺います。
②介護認定の要請
市町村へ介護保険申請手続きが必要となります。ケアマネジャーが、要介護認定の申請の手続きを代行します。
③訪問調査
調査員(市町村の委託)が、ご自宅まで伺います。1時間ほどで調査は終了します。
④介護認定(認定までに1ヶ月かかります。)
③の調査に基づき、認定結果がでます。(自立、要支援1〜2、要介護1〜5)
⑤ケアプランの作成
いよいよ利用するサービスを考えます。ご本人様、ご家族と相談しながら、ご利用者様にあったサービス内容を決定します。
⑥サービス担当者会議
必要なサービスが決まったら、各サービスの担当者が集まり、サービスの内容や、利用回数などを話し合い、細かい調整を行います。
⑦サービス開始
サービス開始後も快適にサービスの利用を続けられるか、また体調に変化がないかなどを確認する為に、定期的にご自宅へ訪問させていただくのもケアマネジャーの大切な仕事です。

支援サポートQ&A

Q.介護保険はどのような人が対象になるのですか?
A.40歳以上の方が対象です。(ただし、40歳以上65歳未満の方は、特別な条件があります。)詳しくは、お気軽に御相談ください。
Q.要介護認定の申請に必要なものは何ですか?
A.介護保険の保険証(緑色)と印鑑をご用意ください。40歳以上65歳未満の方は、医療保険の保険証も必要となります。被保険者番号、整理番号を確認させていただきます。
Q.費用はいくらぐらいかかりますか?
A.申請代行、相談、ケアプラン作成費は全て無料です。費用は一切かかりませんのでお気軽にご連絡ください。
Q.介護保険の申請は、いつすれば良いですか?
A.申請が必要かどうか、申請してもよいのかは、よく分からず、悩みどころだと思います。困りごと、相談事がある場合は、ひとまず御相談ください。
Q.具合が悪く、相談に行けないのですが
A.ロングライフ支援サポート(233-8677)までお電話ください。ケアマネジャーが、御自宅までお伺いし、お話をお聞きいたします。
お問い合わせ
このページのトップへ
Copyright© 2015 株式会社ロングライフ All rights reserved.